花ときれいな足
つま先立ちの写真

真菌はカビの一種で真菌による感染症を真菌症と言い、真菌症で知られているのは水虫があります。
真菌症の中でも真菌による感染が皮膚表面や角質で留まる場合は表在性真菌症と言い、治療には外用薬の塗り薬を使用します。
皮下組織や爪などに真菌が及ぶ場合は深在性皮膚真菌症と言い、治療は外用薬や内服薬を使用します。
内臓などの体内の臓器まで及ぶ場合には深在性真菌症と言います。
真菌が原因の症状には抗真菌薬を使用して治療します。
抗真菌薬にはポリエン系など3種類があります。
真菌の細胞膜は主にエルゴステロールで構成されており、これを破壊することで細胞膜に穴があき真菌が死滅します。
ポリエン系は、真菌細胞の細胞膜を破壊して、穴から細胞内にいなければいけない成分が細胞外へ漏出し真菌を死滅させることができます。
真菌の細胞膜であるエルゴステロールの合成を阻害することができる抗真菌は、真菌を増殖することを抑制します。
また、人の細胞と真菌細胞には細胞膜の構成成分に違いがありますが、細胞壁にも違いがあります。
人の細胞には細胞壁がないのですが、真菌の細胞には細胞壁が存在します。
そのため真菌の細胞壁の合成を阻害する薬が抗真菌薬です。
真菌の細胞壁の主成分のグルカンの構造を構築するのは酵素で、この酵素を阻害することで細胞壁の合成が抑制されます。
グルカンの合成に関わる酵素を阻害することができる抗真菌は、細胞壁の合成を抑制することが可能になります。
真菌はカビのことで、健康であれば真菌が体内に入っても害になることは殆どありまんが、身体の免疫力が低下すると真菌が体内で増殖し健康を害することに繋がります。
身体の免疫力が低下しないように食生活や生活習慣を規則正しくし真菌が増殖しないように努めることも大切なことです。

記事一覧
美脚の写真

水虫は、真菌というカビによって生じます。 つまり、抗真菌薬を用いて、真菌を除去すると、すぐに解決させ...

肌がきれいな足

抗真菌を目的とした薬は、病院を受診した際に処方されるというのが一般的な流れですが、ドラッグストアなど...

人気記事一覧
アーカイブ